SST アカデミー学校規則

第1条    総則

本則は、各生徒が英語学習に真摯に取り組み、最大限の効果を得るために必要な基本的事項を定めるものとします。

第2条    遵守義務

生徒は、当校の定める規則及び法令を遵守しなければなりません。

第3条    授業時間

授業内容決定後、当校より提示されたスケジュールによるものとします。

第4条    欠席

1.    事前連絡なしで授業開始から5分遅れた場合には、欠席とみなします。
2.    遅刻、欠席はいかなる場合でも払い戻しされません。また、これに伴う代替え授業は手配致しません。

第5条    身分証明証

学生証は身分証明書になりますので、常に携帯し、構内では、必ず目視可能な場所に付けて下さい。なお、紛失した場合は速やかに、再発行申請を行って下さい。

第6条    外出

1.    単独行動を避け、夜間は出歩かないで下さい。
2.    授業終了後の外出につきましては、生徒の自己責任とし、当校では怪我、事故等につき、一切の責任を負いかねます。

第7条    門限

1.    月曜日から木曜日は23時、金曜日・土曜日は門限無しとします。但し、未成年に関しては、保安上の理由から22時とします。
2.    18歳以下については、同保安上の理由から21時とします。
3.    TOEICスコアアップ保証プログラム参加者は、別途規程によります。

第8条    禁止事項

1.    生徒異性間の部屋への出入り(夫婦は除く)
2.    無断外泊および、無断欠席
3.    他の生徒を侮辱するような暴言、態度
4.    教師、スタッフに対する暴言、態度
5.    肉体的・精神的に他者に危害を加える暴力行為
6.    学校内外での迷惑行為
7.    人種差別的な発言、信仰の自由を侵害する発言等
8.    授業の録音・録画
9.    教室内での携帯電話等モバイル製品の使用
10.    学校内での政治活動・宗教活動
11.    学校内での賭博行為、飲酒等、学習にふさわしくない行為
12.    学校内に無断で生徒以外の方を入れること
13.    車両、バイク、自転車の運転
14.    その他、留学生としてふさわしくない発言、行為
15.    違法行為
上記等の行為につき、3度警告を受けた生徒は、当校の判断により退学処分と致します。なお、第9条に該当する場合は、即刻退学処分と致します。また、退学処分の場合、一切払い戻しは致しません。

第9条    退学処分

以下の事項に該当する場合は、直ちに退学処分となります。
1.    窃盗行為、暴力行為等、あらゆる犯罪行為
2.    故意に学校またはホテルに被害、損害を与えた場合
3.    無断欠席が3回以上あった場合
4.    異性の部屋に入室した場合
5.    宿泊施設に当校の生徒以外の部外者を入れた場合
6.    当校が犯罪行為と判断した行為をとった場合
7.    当校および当校関係者を誹謗中傷するような行為をした場合
8.    当校の学校運営を妨げると判断される行為をした場合
9.    当校の定める規定に従わない場合
10.    違法行為を行った場合

第10条    授業中は教師を尊重し、指示に従って下さい。

1.    校内は、原則、英語のみの会話とします。
2.    学習にふさわしい適切な服装で、授業の臨んで下さい。
3.    問題行為があった場合、授業を変更または中止する場合があります。
4.    授業、教師に意見がある場合は、授業終了後、スタッフまでご相談下さい。

第11条    教師、授業の変更

授業または教師を変更したい場合は、規定申請用紙に必要事項を記入し、申請して下さい。可能な限り早めに調整し、変更準備ができ次第、ご連絡の上、変更致します。

第12条    休日

土曜日、日曜日、およびフィリピン、セブ・マンダウエ市などが規定する公的な祝祭日は休校となります。ただし、生徒から要求があり、教師の手配が可能な場合は追加授業を手配致します。その場合、350ペソ/Hの追加料金を頂戴致します。

第13条    留学期間延長

1.    週単位で延長を受付致します。原則として、2週間前までに申請していただき、授業、宿発施設の手配が可能な場合、延長を受付致します。
2.    延長価格は、それぞれの基本料金(ホテル代及び授業料、以下、基本料金と称する)を留学週間で割った分が、1週間分の価格となります。なお、食事代は、別途USD50/週となります。
3.    お支払いは、当校指定口座側への振り込み、または、現地で日本円、USDまたはフィリピン・ペソでのお支払いを受け付けます。フィリピン・ペソの場合、支払い日・当日のレートとなります。

第14条    免責事項

1.    紛争、停電など、当校でコントロールできない事由、または天災地変、その他の不可抗力的な事由で授業が不可能な場合、当校は責任を負いません。
2.    大雨、洪水、自然災害等で、教師が遅れた場合。なお、状況により、対応をその都度検討致します。
3.    生徒のあらゆる行動によって発生した事件、事故などの場合

第15条    貴重品

フロントに預けるか、部屋内の金庫に保管して下さい。盗難にあった場合、当校は責任を負いません。

第16条    洗濯

通常の洗濯は、56ペソ/kgとなります。(3kg以下の場合、3kgとして計算。)急ぎの場合、ジャケット等は、料金が異なる場合がございます。高価な服、大切な服、変形しやすい服は、ドライクリーニングをお勧め致します。

第17条    喫煙

喫煙は、必ず決まった場所をご利用下さい。室内は教室、食堂、トイレ、ホテル等全室禁煙です。

第18条    損害賠償

当校の設備に損害を与えた場合、その理由によらず、その費用全額請求致します。

第19条    火災予防

1.    学校内およびホテル内は火災につながる、ホテル室内での料理、キャンドルの使用等全て禁止とします。
2.    発覚次第没収し、警告1回と致します。

当規則は、留学を申し込まれる全ての方に適用されます。また、当校規則は予告なく変更する場合があります。